紀要論文 二次障害を呈した読み困難児に対する包括的支援の重要性
The importance of collaboration among school, family and research center to support children with behavioral problems and learning difficulties

岩田, みちる  ,  柳生, 一自  ,  横山, 里美  ,  室橋, 春光

7pp.57 - 62 , 2015-03-25 , 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
ISSN:1882-1707
NII書誌ID(NCID):AA12203623
内容記述
発達障害や学習障害のある場合、不登校や対人関係・社会的行動面のトラブルなど二次障害を併発しやすいことが指摘されている。特に読み書きに困難がある場合は周囲から理解されづらく、学校だけでなく家庭でも怠惰やケアレスミスとして叱責の対象になりやすい。本稿では反抗挑戦性障害と注意欠陥・多動性障害を疑われて受診した読み困難児に対する家庭、学校、専門機関と医療の連携による包括的支援を行った事例を紹介する。また、学習障害の見つかりにくさについて医療の観点から記述する。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/58520/1/AA12203623_7_57-62.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報