Research Paper The Anohana Rocket at the Ryūsei Festival and Menma’s wish : contents tourism and local tradition

Jang, Kyungjae

pp.51 - 56 , 2015-03-16 , Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University = 北海道大学メディアコミュニケーション研究院
Description
This essay considers the links between contents tourism and local tradition, with a focus on the TV anime Anohana. First, the phenomenon of anime pilgrimage is introduced as a form of contents tourism linked inextricably to the use of digital technology. In anime pilgrimage, fans use travel as a way of creating forms of communication with local residents. Then, the links between contents tourism and local tradition through the example of municipality–fan collaboration at the Ryūsei Matsuri in Chichibu city, which is central to the story of Anohana, are discussed.
本稿の目的は、コンテンツ・ツーリズムと地域の伝統文化の関係について明らかにすることである。具体的には、2011 年に放送されたアニメーション『あの花』と、その背景となった秩父地域の龍勢祭の事例を取り上げる。まず、2000 年代から新たな観光現象として注目されているアニメ聖地巡礼と、アニメーションを活用した地域振興における地域コミュニティの参加について述べる。次に、『あの花』と秩父の龍勢祭の例を通じて、コンテンツーリズムの観光客が地域の伝統文化保存に寄与する可能性について述べる。
Full-Text

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/58310/1/IMC%20Articles%2020150316_9.pdf

Number of accesses :  

Other information