研究報告書 Experience-based consumption in a dramatised space : the history of the Toyako Manga Anime Festa

Yamamura, Takayoshi

pp.40 - 45 , 2015-03-16 , Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University = 北海道大学メディアコミュニケーション研究院
内容記述
This paper uses the Toyako Manga Anime Festa (TMAF)—held at the onsen (hot spring) resort of Toyako in Hokkaido since 2010—as a case study and presents its start-up strategy and development rocess. By focusing on the TMAF cosplay event, for which the entire town is transformed into a ‘venue of cosplay’, the paper reveals the key element behind the event’s success: the town’s opening of its public space to tourists as a cosplay stage where they become primary characters in a journey and can interact and communicate with other participating characters. Finally, the paper shows that TMAF points to a new direction in‘experience-based consumption’.
本稿では、2010 年から北海道洞爺湖町洞爺湖温泉で開催されているTOYAKO マンガ・アニメフェスタを事例として、その立ち上げから発展プロセスを整理する。そのうえで特に、「温泉街まるまるコスプレ会場」というプログラムに注目し、このプログラムが多くの参加者に支持された背景として、参加者個々が主役を演じることができ、さらに他の登場人物とのコミュニケーションを通して感動的に物語を展開できる舞台として温泉街が機能したことを示す。そして、同フェスタが、「体験型消費」の新たな方向性を示していることを指摘する。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/58308/1/IMC%20Articles%2020150316_7.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報