Research Paper ‘Rekijo’ and heritage tourism : the Sengoku/Bakumatsu boom, localities and networks

Sugawa-Shimada, Akiko

pp.21 - 26 , 2015-03-16 , Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University = 北海道大学メディアコミュニケーション研究院
This research note explores the heritage tourism of rekijo (history fan girls) related to Ishida Mitsunari, a notorious samurai during the Warring States period. As a result of the positive portrayal of Ishida as a handsome young man in anime and taiga dramas in the 2010s, a growing number of young female tourists have visited his birthplace in Ishida town, Shiga. The commitment to the local community of rekijo and the grass-roots hospitality of local people helped to establish cross-generational psychological connections via the spirit of Ishida Mitsunari. The feeling of being connected is a vital factor for rekijo.
本研究ノートでは、歴史上逆賊とされる石田三成に関する、「歴 女」(歴史好きな女性)の歴史ツーリズムについて論じている。『戦国無双』『戦 国BASARA』や『天地人』『江』において、三成が好人物に描かれたことで、生誕 地石田町(滋賀)に若い女性観光客が増加した。ここで顕著なのは、ホスト・ゲス ト関係を越えた「歴女」の地元への貢献と、地元顕彰会の草の根的なおもてなし が、三成を介して世代を超えた精神的繋がりとして構築されていることである。

Number of accesses :  

Other information