研究報告書 メディア化する文化 : 日本のコンテンツ・ツーリズムとポップカルチャー

ビートン, スー  ,  山村, 高淑  ,  シートン, フィリップ

pp.1 - 18 , 2015-03-16 , Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University = 北海道大学メディアコミュニケーション研究院
内容記述
本稿では、日本における、ポップカルチャーがツーリズムに及ぼす 影響力について、特に今日のポップカルチャー表現の典型例である映像を中心とし た視覚媒体と関係付けつつ整理を行う。そして、“soft power”(ソフトパワー)概念 をポップカルチャーとツーリズムに援用することで、それらが持つ創造的な役割、 意味構築の役割の重要性について検討を行う。また、映像などのポップカルチャー が我々を惹きつける力――そうしたポップカルチャーが持つ意味、すなわち“content” (コンテント)の道筋をたどるよう、ツーリストに目的意識を与えるような力―― の大きさについても議論を行う。そのうえで、「コンテンツ・ツーリズム」概念を どう捉えるべきか、再検討を行う。
In this paper, we look at the growing influence of pop culture on tourism in Japan, particularly in relation to film as an exemplar of today’s popular cultural expression. By applying the concept of “soft power” to popular culture and tourism, we illustrate its significance as tourism generator and meaning-maker. We also argue that the attraction of film and popular culture is greater than the sum of its parts, imparting a sense of purpose to tourists following the path of the meanings (or content) inherent in popular culture. Finally, the concept of “contents tourism” is re-examined.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/58303/1/IMC%20Articles%2020150316_2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報