学術雑誌論文 無線ネットワークのトラヒック理論的アプローチ

岡田, 啓  ,  OKADA, Hiraku

内容記述
本稿では無線ネットワークをトラヒック理論の観点から考えてみる.まずは,トラヒック理論とその大群化効果について概説する.そして,大群化効果を無線ネットワークで得ることができるのかについて検討する.更に,トラヒック理論的アプローチの具体的な例として,競合・隠れノードを考慮した簡易解析,VANET (Vehicular Ad Hoc Network) における動的チャネル選択,シングルユーザ/マルチユーザMIMO (Multi-Input Multi-Output) を用いた無線ネットワークの比較評価について紹介する.This article discusses wireless networks from the viewpoint of queueing theory. First, queueing theory and its scale effect are explained. Then, it is discussed how to obtain the scale effect in wireless networks. Finally, the following examples of applications of queueing theory are described: simple analysis for contending and hidden nodes, dynamic channel selection in vehicular ad hoc Networks (VANETs), and a performance comparison of wireless networks using single-user/multiuser multiple input multiple output (MIMO) systems.
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=26143&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報