Departmental Bulletin Paper シリーズ 変容期の政治学 (2) : 解釈学的政治学の意義 : 「方法論的多元主義」への試みを超えて

小野, 耕二  ,  ONO, Koji

276pp.63 - 95 , 2018-03-25 , 名古屋大学大学院法学研究科
ISSN:0439-5905
Description
本稿は、平成27年度から29年度にかけて支給されている以下の科学研究費による成果の一部である。課題番号15K03272、科学研究費基盤研究(C)、研究課題「『たちの悪い問題』への適用可能性の検討を通じた『ガバナンス形成』理論の研究」。本稿の一部はまた、次の科学研究費に基づく共同研究の成果ともなっている。課題番号26284014、科学研究費基盤研究(B)、研究代表者:安藤隆穂、研究期間:平成26年度~29年度、研究課題「自由主義と自由の制度化の多元性と相互作用:思想史の東西融合と学際的展開に向けて」。
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=25658&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information