紀要論文 The Evaluation of Higher Education Restructuring in Korea : Problems and Suggestions for Improvement

BYUN, Hoseung  ,  ビョン, ホスン

18pp.223 - 244 , 2018-03 , 名古屋大学高等研究教育センター
ISSN:1348-2459
内容記述
The purpose of this article is to understand the evaluation of the 1st period of Korean higher education structural reform that occurred during 2014-2016 in terms of problems and suggestions for improvement. To achieve the goal, the author analyzed 24 articles through content analysis method. In terms of problems, evaluation criteria, polarization of universities, violation of autonomy, purpose of evaluation, and decline of academic discipline were frequently mentioned. For suggestions for improvement, customization and autonomy of restructuring, university system reform, financial support, legislation, enforce retirement of HEIs, and provide necessary data were on the top list. The number of categories for problems was greater than for suggestions for improvement with the most frequently mentioned being: ‘customization and autonomy of restructuring,’ ‘university system reform’ and ‘financial support.’ These reflect the rigid reform process and propose macro approach for reform while urging enhancement of public benefits by increasing the role of public and national universities. Minor significance was given to ‘market driven policy’ because of its potential for controversy. 本稿の目的は、2014年から2016年を対象に、韓国高等教育の第1期構造改革を批判的に検討することである。本稿では質的研究法の1つである内容分析を用いて、24の関連文献を分析した。その結果、設定される評価基準の信頼性や妥当性、大都市への大学の一極集中、政府主導の学内構造改革、不人気学問分野の淘汰が、高い頻度で言及されていた。また、改善への示唆として、組織再編における個別事情の配慮と自律性の確保、財政支援、高等教育支援の法的根拠整備、質の低い高等教育機関の閉鎖、政府からの改革に必要なデータの提供が指摘されていた。ただし、言及の絶対数では、改善への示唆よりも問題点の指摘の方が多く言及されていた。この傾向は、国公立大学の役割強化による公的なメリットを強調しながらも、硬直的な改革プロセスと全学的な改革へ過度に焦点化された現状を反映しているものと考えられる。市場化政策については議論の余地があるために、必ずしも多く言及されていなかった。
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=25640&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報