Departmental Bulletin Paper 高大接続改革・再考

荒井, 克弘  ,  ARAI, Katsuhiro

18pp.5 - 21 , 2018-03 , 名古屋大学高等研究教育センター
ISSN:1348-2459
Description
本論文の主題は今般の高大接続改革の内容を見直し、その目的がどこにあるかを明らかにすることである。教育再生実行会議の第四次提言、中央教育審議会の接続答申をテキストとし、それを読み解く方法として、1)高大接続に関する国際比較、2)わが国の大学入試改革の課題を吟味するところからはじめた。第1の国際比較のアプローチから得られたのは高大接続問題の焦点は普通教育と専門教育という2つの教育課程の接続であること、日本の高大接続が欧米に比べて戦後、変則的な形態をとってきたことが知見として得られた。大学入試改革の分析から導かれたのは共通テストの大規模化の危機である。受験者集団が多様になり、大規模化することによって選抜単位の妥当性、信頼性が揺らいでいること、入試の多様化を実現するための工夫が結果として実施の複雑性を極度に高めていることである。大規模共通テストの成功と表裏をなす脆さである。今般の高大接続改革がもたらしている違和感、不透明感はこうして導き出される課題とはまったく無関係な方向に改革が進んでいることに由来している。This paper examined reform content involving the problem of articulation between high school and college currently being advanced in Japan. In this work, I used two methods. The first was an international comparison of school systems. The second was a trend analysis of past entrance examination reforms. The first approach confirmed that the essence of the articulation problem between high school and college relates to general and specialized education. The second approach suggested that diversification of college entrance selection influences the level of university education, while diversified use of common tests makes test implementation very complicated. However, these problems have not been addressed in this reform. The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology has focused on reform of academic ability tests, but this reform does not contribute to solving the articulation problem, nor is it consistent with the educational request of the site.
ファイル差し替え(2018/4/20)
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=25629&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information