Departmental Bulletin Paper 地域日本語教育における日本語ボランティアの養成・研修講座の内容の変遷 : 文化庁事業の平成20年度と平成25年度の取組の比較を通して

俵山, 雄司  ,  渡部, 真由美  ,  田中, 真寿美

24pp.45 - 59 , 2017-03-31 , 名古屋大学国際言語センター
ISSN:1348-804x
Description
日本語教育学会(2008)は、全国の日本語ボランティア養成・研修講座を対象とした調査を行い、その結果から「双方向の学び」を目指す「新しい人材育成の動き」の広がりを指摘している。本稿は、この「新しい人材育成の動き」が、各地のボランティア養成・研修講座でどのように継承され、変化していったのかを探るものである。具体的には、文化庁の「生活者としての外国人」のための日本語教育事業に採択されたプログラム内の養成・研修講座をデータとして、平成20(2008)年度と、その5年後の平成25(2013)年度を比較するという手法で調査を行った。2年度のデータを比較し、取り上げられる機会が顕著に減った項目3点と、逆に顕著に増えた項目3点を分析したところ、特に〈「やさしい日本語」とは〉〈既存教材の紹介〉の2項目の増加という点で、「新しい人材育成の動き」は継承・発展していったと言えると結論付けた。
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23836&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information