Departmental Bulletin Paper 災害の記憶伝承における映像上映の創造性 ― 『波のした、土のうえ』をめぐる対話の場について ―

青山, 太郎  ,  高森, 順子

9pp.19 - 36 , 2017-03-31 , 名古屋大学大学院国際言語文化研究科
ISSN:1880-0831
Description
本論文は、人々が映像を見る具体的な「場」を分析対象として、特に震災という社会問題を扱う作品の上映会を取り上げ、そこでどのように創造性が現働化するかを考察するものである。具体的には2014年に発表された、小森はるか+瀬尾夏美の映像作品『波のした、土のうえ』のいくつかの上映会を取り上げ、それらの場で生成される「対話」の性質について災害伝承の見地から検討していく。まず同作の制作の経緯の概要を記述し、これまでの同作の上映形式の分類を行う。その上で、実際に行われた2つの上映会を取り上げ、そこでなされた対話に見られる特異点に注目する。そこから、それらの場において「権威の保留」がなされることで、場の仮構性と主体の仮設性という性質が前景化されていることを指摘する。そして、それによって同作の上映会では摩擦や想起といった逸脱的な要素を孕む対話が創造され、「学び」の反復が実現されていることを論じる。Today, visual communication unfolds in various situations and is often useful to inform many people about social events from various perspectives. Many studies have demonstrated its value through analysis of visual works. However, few studies have studied the creative possibilities of the concrete fields in which people watch visual works practically, even though they encourage dialogue and new thinking among spectators. In this study, we examine the nature of dialogues laid in the screenings of a video work, “under the wave, on the ground” (Komori Haruka + Seo Natsumi, 2014), from the perspective of remembering disasters. In particular, we begin by describing an outline of the work and group the ways of displaying it into three categories. Then, we focus on two screenings and discuss singularities observed in the dialogues developed there. Finally, we analyse the structure of the fields, referring to dynamics of the norms and the hypothetical nature of the subject. Based on the results, we conclude that a field in which authority is suspended enables people to deviate from dominant stories of the disaster and obtain knowledge of the same through dialogue.
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=23754&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information