Departmental Bulletin Paper 水試料の放射性炭素測定の相互比較プログラム(RICE-W)に向けた基礎検証 : 新しい比較試料RICE-W09-W14の作成

高橋, 浩  ,  南, 雅代  ,  荒巻, 能史  ,  半田, 宙子  ,  中村, 俊夫  ,  Takahashi, Hiroshi A.  ,  Minami, Masayo  ,  Aramaki, Takafumi  ,  Handa, Hiroko  ,  Nakamura, Toshio

27pp.129 - 134 , 2016-03 , 名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部
Description
We have initiated the Radiocarbon Intercomparison on Chemical Experiments, Water series (RICE-W) program in 2013 to examine whether carbon isotopic fractionation and carbon contamination occur or not in sample preparations for water 14C analysis. At first, we examined the air-shielding effect of some bottles for water storage and the effectiveness of addition of toxic substance (e.g. HgCl2 solution), using eight water samples (seawater, hot-spring water, groundwater, and NaHC03 solution). Secular 14C change for ~500 days showed that (1) the polyacrylonitrile or glass bottle is appropriate for sample storage, (2) polypropylene bottle is not appropriate on water 14C analysis, and (3) the employment of a toxic substance to suppress biological activity is necessary. However, sterilized samples are not suitable in this program, because they require special procedures for transport, disposal and experiment. Thus, we prepared new water standards, RICE-W09-W14, using solution of chemical reagents and dissolved CO2 without a toxic substance. The chemical compositions of the standards were arranged to be similar with natural waters having a wide range of 14C concentration. The second stage of the RICE-W program is starting now, and we welcome laboratories participating this program. 水試料の放射性炭素濃度測定の分析機関相互の比較検証(RICE-W)において,本格始動に向けての基礎的な検証を行った.比較検証の際に重要なことは,14C濃度が同じ水試料を各機関へ配付すること,配付から分析処理までの期間に14C濃度が変化しないことである.そのためには,どのような容器に入れて保管すればよいのか,水試料はどういったものが良いのか,について検討が必 要である.ガラス,PAN樹脂,pp樹脂の3種類の容器を検討した結果,ガスバリア性能に違いがあることがわかった.容器の取扱の利便性と合わせて考慮した結果,本プロジェクトではPAN樹脂容器を採用することとした.また,天然試料の場合,生物活動による影響が無視できないことがあり,毒物の添加が必要であるとの結論を得た.そこで,天然試料をベースとした相互比較試料の作成をあきらめ,完全に人工的にコントロールした相互比較試料を作成することとした.いくつかの試薬を混合して,現代からバックグラウンドレベルまでをカバーするような14C濃度の範囲であり,天然試料を模した化学組成の相互比較試料(RICE-W09-W14)を新たに作成した.本プロジェクトは,多機関による相互比較の実施に向けて,次のステップに進む段階にある.多くの機関からの参加を期待している.
名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム報告
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22393&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information