紀要論文 湖底堆積物中のRb/Sr比は気候変動の指標となるか

奈良, 郁子  ,  渡邊, 隆広  ,  宮原, ひろ子  ,  加藤, 丈典  ,  掛川, 武  ,  山崎, 慎一  ,  土屋, 範芳  ,  WATANABE, NARA Fumiko  ,  WATANABE, Takahiro  ,  MIYAHARA, Hiroko  ,  KATO, Takenori  ,  KAKEGAWA, Takeshi  ,  YAMASAKI, Shin-ichi  ,  TSUCHIYA, Noriyosi

27pp.126 - 128 , 2016-03 , 名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部
内容記述
The long-term and high time resolution analysis of inorganic elements from Lake Baikal sediment revealed that source provenance of Rb has been changed during last glacial and post glacial period. Simultaneous fluctuations between the Rb/Sr ratio and the mean grain size indicate that the Rb/Sr ratio was influenced from the precipitation change (humidity) during the post glacial period. On the other hand, it can be supposed that the influence of loess sediment on the Rb/Sr ratio was found during the last glacial period. The 200-yr period variation of the Rb/Sr raito was found during the post glacial period. This 200-yr period is very close to those of TSI variation. This result indicates the strong influence of solar irradiance on the precipitation change in Lake Baikal region. 南シベリア南東部に位置するバイカル湖より長さ436cmの堆積物試料を採取し、堆積物中の無機金属元素測定を行った。試料は1cm間隔で切り分けられ、試料間隔ごとの時間解像度は約70年と見積もられる。堆積物中のRb及びSrは、完新世(約11,700年前から現在)にかけて、それぞれKとCaに対して高い相関を示 した。一方、後期更新世(約33,000年前から11,700 年まで)においては、SrとCaは高い相関を示すが、RbとKに相関は見られなかった。乾燥化した時代において、Rbの濃集が起きていたと考えられる。Rb/Sr比の分布は、後期更新世において冬季モンスーン(East Asian winter monsoon)の指標である中国レス堆積物の粒度分布(Sun et al., 2011)とよく対応を示した。寒冷、乾燥期においてバイカル湖堆積物中のRb/Sr比が冬季モンスーンの指標となりうる可能性を示唆している。
名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム報告
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22389&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報