紀要論文 平成27年度名古屋大学地域貢献事業 夏休み特別企画「粘土鉱物の謎に迫る」活動報告

吉田, 澪代  ,  南, 雅代  ,  三崎, 純市  ,  田村, 哲  ,  中村, 俊夫  ,  加藤, 丈典  ,  小田, 寛貴  ,  池田, 晃子  ,  箱崎, 真隆  ,  椋本, ひかり  ,  藤沢, 純平  ,  榎並, 正樹  ,  Yoshida, Miyo  ,  Minami, Masayo  ,  Misaki, Jun-ichi  ,  Tamura, Satoshi  ,  Nakamura, Toshio  ,  Kato, Takenori  ,  Oda, Hirotaka  ,  Ikeda, Akiko  ,  Hakozaki, Masataka  ,  Mukumoto, Hikari  ,  Fujisawa, Jumpei  ,  Enami, Masaki

27pp.111 - 113 , 2016-03 , 名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部
内容記述
We have been adopted in the regional contribution project of 2015. The theme is approaching the mystery of the clay mineral. It was perceive aggressive efforts of the participants in this project. Therefore this project was able to achieve the goal of contributing to the local community. 当研究部では平成27年度地域貢献事業が採択され、「粘土鉱物の謎に迫る」というテーマで小中学生を対象に体験学習を実施した。実施内容は粘土によるやきものづくり、粘土や粘土鉱物に関する講義を行うとともに、野外学習として粘土鉱物のセリサイトが採掘されている坑道の見学、そして愛知県陶磁美術館の見学を行った。いずれも参加者の積極的な取り組みが感じ取られ、本事業は地域社会への貢献という目的を達成できたと考える。
名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム報告
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22380&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報