Departmental Bulletin Paper 福島第一原発事故に伴う放射性物質による汚染 : 2015年の福島県の状況

千葉, 茂樹  ,  諏訪, 兼位  ,  鈴木, 和博  ,  CHIBA, Shigeki  ,  SUWA, Kanenori  ,  SUZUKI, Kazuhiro

27pp.52 - 57 , 2016-03 , 名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部
Description
In August from July, 2015, author's Chiba investigated the air radiation dose (1m above the ground) at several areas in Fukushima Prefecture. At the southern part of Nihonmatsu City, the range of the radiation ware 0.10~3.03µSv/h, and the average value was 0.59µSv/h. At the central part in Motomiya City, the range of the radiation ware 0.14~2.88µSv/h, and the average value was 0.44µSv/h. In addition, the radiation dose of 2015 is decreased in 79% of 2014, in 44% of 2013. At the Mt. Yomogida-dake, the range of the radiation ware 0.10~1.84µSv/h, and the average value was 0.42µSv/h. In addition, the radiation dose of 2015 is decreased in 86% of 2014, in 64% of 2013. 2015年7~8月に,福島県内の3地域で空間放射線量率(高さ1 m)の測定を行った.二本松市南部では,0.10~3.03µSv/h,平均値は0.59µSv/hであった.本宮市中心部では,0.14~2.88µ Sv/h,平均値は0.44µSv/hであった.蓬田岳では,0.10~1.84µSv/h,平均値は0.42µSv/hであった.空間線量率の推移では,本宮市中心部 の2015年の値は,2012年の値の44%に,2014年の値の79%に減じている.蓬田岳の2015年の値は,2013年の値の64%, 2014年の値の86%に減じている.福島県は除染が行われているが,除染後にも高放射線量率(高さ1 m)の地点が多数ある.JR郡山駅前:2015年7月17日最高値0.56µSv/h.JR安積永盛駅前:2015年5月29日最高値は0.37µSv/h.東北自動車道郡山南IC:2015年5月13日最高値0.74µSv/h.JR新白河駅前:2015年11月13日最高値0.44µSv/h.2016年1月6日,郡山市長者3丁目の駐車場に,高放射線土の再堆積を確認した.空間放射線量率(地上1cm) 5.02µSv/h.
名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム報告
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22368&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information