紀要論文 沖縄県伊江島のΔRと遺跡の年代

小元, 久仁夫  ,  中村, 俊夫  ,  松島, 義章  ,  Omoto, Kunio  ,  Nakamura, Toshio  ,  Matsushima, Yoshiaki

27pp.40 - 45 , 2016-03 , 名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部
内容記述
Eleven fossil shells and four charcoal samples collected from three sites of Ie Island, Okinawa were radiocarbon dated in order to determine ΔR value of Ie island. The ΔR values calculated for Nagarabaru-3 shell mound, Kayabaru-A site and Nagarabaru-east shell mound were 250±37 yr (n=2), 132±29 yr (n=5) and -37± 19 yr (n=2), respectively. The calibrated ages of above three sites using average ΔR value (115±29 yr) were 3,383±41 cal BP, 1,308±31 cal BP, and 1,492±27 cal BP, respectively. 伊江島南部のナガラ原第3貝塚,カヤ原遺跡A地点から採取し た合計9個の貝殻と2個の木炭,および木下(2013)が報告したナガラ原東貝塚の2個の木炭および2個の貝殻のAMS14C年代を使用して上記3遺跡のΔRを決定した。その結果,ナガラ原第三貝塚のΔRは650±37yr (n=2)および250±37yr (n=2)となり,カヤ原遺跡のΔRは132±29yr (n=5)となった。一方,ナガラ原東貝塚のΔRは37±19yr(n=2)となった。ナガラ原第三貝塚のΔR=650±37yrを異常値と判断し遺跡の較正年代の計算時に除外した。3個のΔRの平均値115±29yr (n=9)を使用して各遺跡の較正年代を計算した結果,ナガラ原第三貝塚は3,383±41calBP,カヤ原遺跡A地点は1,308±31calBP,そし てナガラ原東貝塚は1,492±27calBPとなった。
名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム報告
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22366&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報