Departmental Bulletin Paper 西暦774-775年の14Cイベントと酸素同位体比年輪年代法に基づく青森市新田(1)遺跡アスナロ材の暦年代の検証

箱崎, 真隆  ,  中村, 俊夫  ,  大山, 幹成  ,  木村, 淳一  ,  佐野, 雅規  ,  中塚, 武  ,  Hakozaki, Masataka  ,  Nakamura, Toshio  ,  Ohyama, Motonari  ,  Kimura, Jun-ichi  ,  Sano, Masaki  ,  Nakatsuka, Takeshi

27pp.34 - 39 , 2016-03 , 名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部
Description
We verified the chronological age of woody remains from the Nitta (1) archaeological site in the Aomori city based on the AD774-775 14C-spike and δ18O dendrochronology. Verification results of the two methods were consistent. The true age of woody remains was one year older than the previous report. From these results, the chronological age of the tree-ring width chronology (AONT) which was built from the woody remains of the Nitta (1) archaeological site is modified to AD680-1047 from AD681-1048. 青森市新田(1)遺跡出土アスナロ材の暦年代を,西暦774-775年の14Cイベントとδ18O年輪年代法を用いることによって検証した。2つの方法による検証結果は一致し,出土アスナロ材の真の暦年代は,先行報告で与えられていた暦年代よりも1年古いことが判明し た。この結果に基づき,出土アスナロ材から作製されていた年輪幅の標準年輪曲線AONTの暦年代を西暦681-1048年から西暦680-1047年に修正した。
名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部シンポジウム報告
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22365&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information