Departmental Bulletin Paper ラオス南部における地域住民の現金収入源とコメ・肉・魚の生産・消費からみた複合生業の現状

渡辺, 盛晃

14pp.30 - 39 , 2016-03 , 名古屋大学農学国際教育協力研究センター
ISSN:1347-5096
Description
本調査はJICA が支援したラオス南部山岳丘陵地域生計向上プロジェクトのエンドライン調査結果を基に、地域住民の現金収入源、コメ・肉・魚の生産・消費を通じて彼らの複合生業の現状を概観することを目的とした。ラオス南部農村では多くの地域住民が車両、ハンドトラクター、バイクを保有し、農外との接触を増加させている。低所得グループでは 農外収入、家畜販売、及び林産物販売が重要な収入源だが、高所得グループになると林産物販売が減少し、農外収入の占める割合が多くなる。コメについて見ると、低所得グループほど、3 年前と比較してコメの消費が増加したと感じている。 肉については、高所得グループほど、肉を消費する機会が増え、ウシ、ブタ、及び家禽を多く保有している。魚については、 全てのグループで魚の消費が増加している。自然採取、養殖、及び市場から購入といった形で、入手手段が多チャンネル化している。The objective of the survey is to overview the current situation of diversified livelihood of rural communities in Southern Laos by seeing income source and production and consumption of rice, meat, and fish divided by income group. Most of people have strengthened relationship with outside village by possessing vehicle, hand tractor, and motorcycle in Southern Laos. Main income sources of lower income group are non-agricultural activity, selling livestock, and selling forest products. However, selling forest products is decreased and non-agricultural activity is increased in higher income group. People in lower income group more feels increases of rice consumption compared to three years ago. People in higher income group have more opportunities to consume meat and have more cattle, pig, and poultry. Fish consumption is increased in all income groups. People have gotten fish from multi channels such as collecting from natural resources and own fish pond, and purchasing from local market.
Full-Text

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=22142&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information