紀要論文 植民地期朝鮮における創作版画の展開(2) : 京城における日本人の活動と「朝鮮創作版画会」の顛末

辻(川瀬), 千春  ,  TSUJI, (KAWASE) Chiharu

31pp.25 - 44 , 2016-03-14 , 名古屋大学博物館
ISSN:1346-8286
内容記述
植民地期朝鮮における創作版画の展開についての研究は日韓両国の空白の美術史である.本稿では特に,同地に居住する日本人美術家による京城を中心とした創作版画の活動と展開をたどった.朝鮮における唯一の創作版画団体である「朝鮮創作版画会」が発会する以前の同地における創作版画の展開,同会の中心的存在であった多田毅三の活動,そして1934年の同会の終焉の経緯について明らかにした. A series of this report is to serve as a study of the development of Sosaku Hanga (modern wood block prints) in Korea, during the period of Japanese colonization that covers a gap in the art history of both Japan and Korea. Especially focusing on the promotional activities of Sosaku Hanga in Kyongsong by Japanese resident in Korea. I have clarified about (1) the prehistory of Sousaku Hanga activities before the fledging of the group, (2) the activities of Kizo Tada, who played thecentral role in the group, and (3) the story about the dissolution of the group.
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=21902&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報