紀要論文 日米における中規模大学のIR活動に関する事例研究

嶌田, 敏行  ,  藤原, 宏司  ,  小湊, 卓夫  ,  SHIMADA, Toshiyuki  ,  FUJIWARA, Koji  ,  KOMINATO, Takuo

16pp.287 - 304 , 2016-03 , 名古屋大学高等研究教育センター
ISSN:1348-2459
内容記述
本稿は、米国州立大学のIR オフィス業務について詳細な事例研究をとおして、日米の中規模大学にあるIR オフィスの比較を行い、双方の活動の背景と特徴を明らかにした。我が国のIR オフィスにも様々なタイプがあるが、大学評価業務に重点を置くIR オフィスでは、叙述資料を中心にデータが収集され、数量的なデータはあくまでも補助的である。一方米国のIR オフィスでは、数量的なデータ収集に活動の中心があるわけではなく、データベースに整理されたデータを目的に合わせて抽出し、大学執行部等に対し多くの報告書を提供している。その違いの背景として、米国州立大学では学生獲得や在籍継続率の維持・向上が大学経営の中核をなしていることが挙げられる。今後日本のIR オフィスの活動を展望する時、近年の高等教育を巡る環境変化を踏まえると、データ主導型意思決定支援の重要性はますます高まるであろう。さらに、人材育成という観点から、個々の大学で得られた知識や経験を共有する機会を作ることも重要となる。This study compares the role of institutional research (IR) offices at a medium-sized U.S. state university and several Japanese Universities. There are various types of IR offices in Japan and those that are responsible for university accreditation or evaluation often tend to collect qualitative or narrative data. However, in the U.S., the IR office mainly focuses on quantitative data in order to support senior administrators in their decision and policy-making. This includes the development of student recruitment and retention strategies that are related to the university operation. In the near future, such data-based decision-making, with support from IR offices, will become more important to Japanese universities. In the U.S., the IR office has been conducting and analyzing data with clear purposes. It is crucial to define the roles and responsibilities of the IR office to make similar things happen in Japan. Securing and training IR personnel is another challenge for Japanese universities. It should also be noted that a system which shares knowledge and experiences for each of the Japanese university’s IR activities would be beneficial.
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=21806&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報