Departmental Bulletin Paper 大学生のリフレクション・プロセスの探究 : サービス・ラーニング科目を事例に

秋吉, 恵  ,  河井, 亨  ,  AKIYOSHI, Megumi  ,  KAWAI, Toru

16pp.87 - 109 , 2016-03 , 名古屋大学高等研究教育センター
本稿の目的は、インド農村開発を学ぶサービス・ラーニング科目に参加した学生の実践現場におけるリフレクション・プロセスと、その支援における実践原則を明らかにすることにある。そのために、学生のリフレクション・プロセスを【知識】【経験】【感情】【気づき】【考察】というカテゴリを用いて分析した。この分析枠組みは、健康行動科学分野におけるトランス・セオレティカル・モデルの変容プロセスを基盤として作成した。本研究から導かれた学生のリフレクション・プロセスを支援する上での実践原則は以下の2 点である。第一に、サービス・ラーニング科目におけるリフレクション・プロセスでは、事前学習で得た【知識】が実習での【経験】とそこでわき上がった【感情】を経て【気づき】をもたらし、【考察】に至る。そのために重要であったのは、学生自身が【経験】からわき上がる【感情】を変容の起点として、実習に先行する個人的な経験と関連づけられるかどうかである。第二に、現場での知識や経験を持つ授業者は、自らの一面的な想定が、学生のリフレクション・プロセスの理解を妨げる危険性を持つことを認識する必要がある。This paper clarifies the reflection processes of students who participated in an experiential-learning based class in rural India. We created the following categories: “knowledge,” “experience,” “emotion,” “recognition,” and “interpretation,” and, through processes of change in the Trans-theoretical model in the field of Health Behavioral Science, developed an analytical framework to determine the reflection process of the students. The case study of two students demonstrated that they felt rushes of “emotion” from various “experiences” during their student trip. By the end of the trip, one of the students had obtained “recognition” and reached an “interpretation” but the other had not. From the perspective of educator support for the students’ reflection processes, two important principles were derived from this research. First, students’ past personal experiences were important for encouraging the reflection process in the experiential-learning type of educational practice. It triggers transformation; from “experience” to “recognition,” via “emotion,” in their reflection process. Second, educators must recognize the risk that their assumptions, based on their past experiences and knowledge, can degrade understanding of students’ reflection processes.

Number of accesses :  

Other information