Departmental Bulletin Paper 資質・能力を醸成する学修プログラムの開発 : Active Learning による思考の多様化と深化

栗本, 英和  ,  栗本, 昂輝  ,  KURIMOTO, Hidekazu  ,  KURIMOTO, Kouki

16pp.5 - 22 , 2016-03 , 名古屋大学高等研究教育センター
本研究は、教養教育における、資質・能力や期待される行動特性を醸成する学修プログラムの開発とその結果を考察する。教育成果から学修成果への質的転換が中央教育審議会によって答申され、高等教育機関として主体的・能動的な学習への取組が求められている。様々な現実的事例が提案されている一方で、こうした学習方法における実施上の課題も指摘されている。本研究の論点は、アクティブ・ラーニングを通して、どのように学ぶかから、何を学ぶかに焦点をあてている。とくに、論理的思考力と想像力は卒業・修了生が身につける重要な資質・能力であり、本学の学術憲章に掲げられた基本目標でもある。結果として、これらを醸成し、気づき発動型学習を促す、4つの体験型講義「リーダーシップ」、「マネジメント」、「チーム・ビルディング」、「エンプロアイアビリティ」が新たに開設された。本稿では、大学院共通科目として開発・編成された、学修プログラムの目的、背景、考え方、特長、概要及び成果を総括する。This study discusses the concept and effects of an educational learning program developed to enhance capabilities, awareness, and competency in liberal arts education. Since the qualitative transformation from teaching output to learning outcomes was reported in the Central Council for Education, higher education in its entirety required to grapple with active learning. While various practical applications of active learning have been identified, certain problems have arisen during the implementation of these learning methods. This study focuses upon what to learn, and not only how to learn, by way of active/deep learning. “Logical thinking” and “imagination” in particular, are important capabilities for graduates to acquire, in addition to the fundamental objectives declared in the Nagoya University Academic Charter. Consequently, four workshops on the topics of “Leadership,” “Management,” “Team Building,” and “Employability” have been newly provided to foster capabilities and the learning through awareness. In this paper, the aims, background, concept, distinctive characteristics, course outlines, and outcomes of an educational learning program organized as common graduate courses, are summarized.

Number of accesses :  

Other information