紀要論文 中国語または日本語を母語とする韓国語学習者のデータによる韓国語文法能力テストの評価

斉藤, 信浩  ,  玉岡, 賀津雄  ,  SAITO, Nobuhiro  ,  TAMAOKA, Katsuo

29pp.25 - 42 , 2015-12-15 , 名古屋大学言語文化研究会
ISSN:1345-6156
内容記述
韓国語習得に関する実証研究には、学習者の能力を正確に測定することが重要である。本研究では、斉藤・玉岡(2014)で検証された外国人のための韓国語の語彙能力テストを測定基準とし、韓国語の文法能力テストの作成を試みた。文法テストの構成は、宮岡・玉岡・酒井(2014)で検証された外国人のための日本語の文法能力テストで採用されている3つの枠組み―形態素変化、局所依存、構造の複雑性―に従って、各12 問の合計36 問からなるテストを作成した。テスト開発のために、韓国語を学習している中国人84 名と日本人61 名を対象として調査を実施した。クロンバックのα信頼性係数は、学習者数145 名で、韓国語の文法能力テスト(質問数が36 問)は0.881、語彙能力テスト(質問数は48 問)は0.872 であり、非常に高い信頼性を示した。なお、全体として、日本語または英語の母語の違いはテストの結果に影響しなかった。To better understand the acquisition of Korean as a foreign language, language tests must be able to accurately and reliably measure a learner’s lexical and grammatical ability in Korean. While a dependable lexical ability test has already been developed by Saito and Tamaoka (2014), current grammatical ability tests are lacking in reliability. As such, the current study aims to create an improved Korean grammatical ability test for L2 learners. The test was constructed using 36 question items divided into three sub-categories of morphological inflections, local dependency and complex structure, of which framework was developed by Miyaoka, Tamaoka and Sakai (2014). The grammatical test, along with the lexical test (48 question items), was administered to 84 Chinese and 61 Japanese learners of Korean. The Cormack’s reliability coefficients were 0.872 for the grammatical ability test and 0.881 for the lexical ability test, both showing very high reliability and no language learner group differences. In conclusion, the current grammatical ability test (along with the previous lexical ability test) is effective at providing a reliable and accurate representation of a Korean language learner’s grammatical ability.
本文を読む

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=21144&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報