会議発表論文 自然画像統計によるトーンマッピング関数の最適パラメータ推定

岡崎,大暉  ,  原,健二  ,  井上,光平  ,  浦浜,喜一

内容記述
本報告では,自然画像統計を用いることによりHDR画像をLDR画像に変換するトーンマッピング関数のパラメータを最適化する手法を提案する.提案される手法では,まずカラー自然画像を対象に,一般化ガウス分布に基づく自然画像の事前確率モデルを構成する.次に,HDR画像をトーンマッピング関数により変換させたLDR画像の正規化ヒストグラムを離散ウェーブレット変換を用いて生成する.最後に,確率密度関数と正規化ヒストグラムとのKullback-Leibler情報量を最小化することにより,トーンマッピング関数の最適なパラメータを推定する.このようにして推定されたパラメータを用いることにより,自然画像に近く違和感のないLDR画像を生成することが可能である.
In this paper, we propose a method that optimizes the parameters of tone mapping operators by compressing the dynamic range of HDR images using natural image statistics.
本文を読む

https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/1959210/1959210.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報