紀要論文 Ideology in Academic Writing : A Discussion of the Application of Critical Discourse Analysis and Rhetorical Criticism as Pedagogical Approaches
アカデミック・ライティングにおけるイデオロギー : 批判的談話分析と修辞学的批判を教授法として応用するための議論

ガルシアージェルズ, M. E.

8pp.141 - 147 , 2018-03-01 , 九州大学大学院地球社会統合科学府
NII書誌ID(NCID):AA12713211
内容記述
本稿は、アカデミック・ライティングにおけるイデオロギーの関連性、及び英語教師養成における批判的アプローチの適用について検討する。言語教育において、外国語あるいは第二言語としての英語の教師は、批判的なスタンスを取ることによって自らの実践能力を高め、ひいては学生のライティング能力を向上させることができる。本稿ではまず理論的な議論の手始めとして、イデオロギーがどのように、またなぜ言語教育と関連するかを説明する。次に、将来ESL/EFL 教師になるための準備段階においてCritical Discourse Analysis(批判的談話分析)がどのように応用可能かを検討する。最後に、教室で使用されるシラバスの準備段階においてRhetorical Criticism(修辞学的批判)をどのように活用することができるかを論じる。本稿は、ESL/EFL 教育への認識を広げることによって、イデオロギー的な観点を理解し、英語への総合的理解を深めることを目指す。
本文を読む

https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/1913913/p141.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報