研究報告書 A^(1)_1 型クラスター代数の変異と離散戸田格子

野邊, 厚

28AO-S6 ( 1 )  , pp.25 - 30 , 2017-03 , 九州大学応用力学研究所
内容記述
QRT写像とよばれる楕円曲線の加法構造を用いて, A^(1)_1型クラスター代数の変異と A^(1)_1型離散戸田格子の時間発展との直接的対応関係を明らかにする.また,この対応関係を通して,A^(1)_1型クラスター代数の変異の幾何学的解釈を与える.
本文を読む

https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/1832804/Article_05.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報