紀要論文 生活保護のスティグマに関する経済学的研究のサーベイ
A survey of economic studies in welfare stigma

栗田, 健一

158pp.1 - 6 , 2017-07-28 , 九州大学大学院経済学会
ISSN:0451-6230
NII書誌ID(NCID):AN00071436
内容記述
生活保護のような公的扶助の受給者は,あたかも他の社会構成員から負の烙印を押されているかのように精神的負担を負う。このようなある個人や集団に対して形成される負の烙印のことをスティグマと呼ぶ。生活保護の文脈では,受給を申請するインセンティブを抑制する要因の一つとして広く考えられている。スティグマには不正受給を抑制する正の効果と正規の受給者にも心理的負担を強いるという負の効果がある。特に,近年では低補足率に関する研究も次第に増えており,それらの多くがスティグマの重要性を示唆している。本稿では,生活保護のスティグマの理論分析を行った代表的文献を紹介しつつ,スティグマに関する理論研究の現状と課題,そして今後の可能性を示す。
The individuals which take-up welfare benefit have mental burden as if to be marked negatively by others. It is called “social stigma”that a mark or image of disgrace associated with a specific character, type and quality regarding to some individuals or groups. In the context of welfare, stigma is one of the most important factor,which limits the incentive of take-up welfare benefit. From the social view, welfare stigma has both positive and negative effects, the former is the effect of limiting welfare fraud and the latter is the effect of damaging even the needy mentally. Recently, studies about low take-up rate focusing stigma have gained lots of attention. In this paper, we review previous studies related public policy and stigma focusing on theoretical research.
本文を読む

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1812532/p001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報