紀要論文 伝アリストテレス作『大道徳学』翻訳補遺
A Supplement to a Japanese Translation of the supposedly Aristotelian Magna Moralia

新島, 龍美

23 ( 1 )  , pp.1 - 10 , 2016-07-25 , 九州大学大学院地球社会統合科学府
ISSN:1341-1659
NII書誌ID(NCID):AN10477765
内容記述
本稿は、アリストテレス作と伝えられる『大道徳学』(Magna Moralia)の新しい日本語訳への補遺で、底本として採用されたSusemihl 校訂のTeubner 版と異なるテキスト上の読みを採用した場合の、写本等の裏付け資料である。
This article is a supplement to my new Japanese translation of the supposedly Aristotelian Magna Moralia. It mainly consists of Greek manuscript data, when readings different from those in Susemihl' sTeubner edition are adopted.
本文を読む

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1669308/p001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報