Journal Article ICT 化の進展が企業の業績と雇用に及ぼす影響の実証研究:企業の ICT 利活用状況に関するアンケート調査に基づくロジット・モデル分析
An empirical study of ICT utilization for improving business performance and job creation : Evidence from logit model analysis based on company survey data

鷲尾, 哲  ,  野口, 正人  ,  飯塚, 信夫  ,  篠﨑, 彰彦

(67)  , pp.17 - 33 , 2016-07-29 , 情報通信総合研究所
ISSN:1341-0024
NCID:AN10468039
Description
本稿では、2014年3月に実施した企業のICT利活用状況に関するアンケート調査(有効回答4,016)をもとに、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)化の進展度、ICT導入に伴う企業改革の実施状況、企業の業績や雇用への影響について分析を行った。ICT化の進展に伴う改革を熱心に行った企業ほど、売上高、営業利益、雇用を増加させていることが確認された。また、雇用への影響を掘り下げると、ICT化の進展度が低い段階では、雇用の増加と減少の両面に影響があるものの、ICT化の進展度が増すにつれて、雇用の減少傾向が弱まり、雇用を一段と増加させる傾向が観察された。
Full-Text

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1661971/P017_033_InfoCom_鷲尾ほか_ロジットモデル.pdf

Number of accesses :  

Other information