Technical Report 不完全競争市場における不確実性を伴う最適な環境政策手段

森, 大建

Description
本論文は、Weitzman (1974)およびMandell (2008)をもとに、市場に存在する2つの歪み(価格支配力および外部不経済)と望ましい環境政策との関係性を模索するものである。価格支配力が持つ過少生産性と、外部不経済による課題生産性が、不確実性が存在する状況の下で最適な環境政策手段および、実施条件に与える影響について理論的に分析をおこなった。本論文のモデルでは、価格支配力を持つ企業による汚染被害が外的要因により異なるという仮定を導入し、市場に存在する企業が価格支配力を保有することを想定した。結果として、モデル拡張による市場機構を阻害する歪みの増分を是正するためには、柔軟性を持つ混合政策が適切であるように思われるが、混合政策の優位性は完全競争市場と比較して縮小する、という結果を得た。
Full-Text

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1663144/DP2016-5.pdf

Number of accesses :  

Other information