Conference Paper グラフクリーク探索問題に対するビットコイン・マイニングの評価

松島, 智洋  ,  穴田, 啓晃  ,  川本, 淳平  ,  櫻井, 幸一

2016p.4 , 2016-03-02 , 電子情報通信学会九州支部
Description
仮想通貨において,マイニングとは取引に関する計算困難問題の解を探索することである.仮想通貨の安全性において,マイニングを複数回行った時に要する時間の分散は小さいほうが望ましい.ところが,ビットコインはマイニングを複数回行った時に要する時間の分散が大きいという問題がある.グラフクリーク探索に基づくマイニングはオリジナルのビットコイン・マイニングに代わる新しいマイニング方法である.このマイニング手法は,要する時間の分散が小さいという特徴を持つと予想されてきたが理論的な解析が難しい.本研究では,単一の計算機がマイニングを行う場合において実際にビットコインに比べ分散が小さくなることを確認した.
In cryptocurrency, mining is searching a solution of hard computation problem about transaction. In safety of cryptocurrency, it is disirable that the variance of the time to need mining several times is small. However, there is a problem in bitcoin that the variance of the time to need mining several times is large. Mining based on searching a graph clique is a new mining method instead of original bitcoin mining. It has been expected that the variance of the time to need this mining method has a characteristic to be small, but theoretical analysis is difficult. In this study, when a single computer perform mining, we confirmed that the variance is actually smaller than bitcoin.
Full-Text

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1661857/2015-1-0044.pdf

Number of accesses :  

Other information