紀要論文 子どものための美術体験の場「アートと遊びの広場」の実践報告 : 有志イベントにおける企画のあり方とオリジナリティに関する課題と考察
Practical report of creation of art experience place for children "Art and Play Area" : Consideration of voluntary events and workshop originality

重野, 裕美

14pp.65 - 78 , 2016-03 , 九州大学総合研究博物館
ISSN:1348-3080
NII書誌ID(NCID):AA11909273
内容記述
2015年11月15日長崎市内で催された「第6回みんなのマルシエスタ」というイベントにおいて「アートと遊びの広場」を企画し、実施した。これは、子どものための、アートと遊びの境界をなくした場である。本報では、「アートと遊びの広場」の概要とその制作プロセスを報告する。また、制作や実施の過程で生じた様々な課題についても整理し、ボランティア的要素もある民間主催イベントにおける企画アイデアなどの扱われ方やその優先性のあり方について考察する。
At the "6th Marsiesta for Everyone" event held on November 15, 2016, I implemented a plan for an "Art and Play Area for Children" that eliminates the boundary between the art and play areas. This report outlines the "Art and Play Area" and describes its creation process. It also sorts out various issues that arose in the process to create and implement this, and considers how to handle planning ideas for such an event organized by the private sector that includes volunteer elements, and how to prioritize.
本文を読む

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1657807/p065.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報