紀要論文 Control constructions produced by Japanese speaking learners of English
日本人英語学習者のコントロール構文について

Nakayama, Mineharu  ,  Yoshimura, Noriko  ,  Fujimori, Atsushi

36pp.239 - 253 , 2016 , Department of Linguistics, Faculty of Humanities, Kyushu University
ISSN:1348-1592
NII書誌ID(NCID):AA11886316
内容記述
本研究は、日本語を母語とする英語学習者がコントロール構文の主語として生成するPRO の先行詞を適切に解釈できるかどうかを実証的に調査し、理論的に解明しようとする試みである。高校生と大学生を対象に行った実験では、PRO の先行詞選択において、英語の子供たちに見られるような「主語」対「目的語」について有意差はなく、初級・中級・上級の学習者グループ間のみに有意差が見られた。分析では、日本語のコントール構文にもPRO 主語が存在する点を踏まえ、母語の文法知識が「拡大投射原理」(EPP)・「最少距離原理」(MDP)と共に第二言語の構造習得の手がかりとして役立つ一方、両言語間に意味構造のミスマッチがある場合、英語の動詞からの項情報を構造にマッピングするのに時間を要すると文法理論と母語転移の観点から説明する。
本文を読む

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1655027/p239.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報