会議発表論文 クォータ変更に伴うストレージ使用量変化の分析

川谷, 卓哉  ,  伊東, 栄典  ,  笠原, 義晃  ,  下園, 幸一

内容記述
電子メールなどの情報システムは,組織活動を支える基盤となっている.組織向けの情報システムを運用する部門では,そのシステムの想定使用期間における使用資源量の見積もりが重要である.ストレージを適切に用意するためには,ストレージ使用量の傾向を把握する必要がある.電子メールを含む多くの情報システムで,利用者のストレージ使用量はロングテール型の分布になる.筆者らは,ストレージ容量に対する適切なクォータの設定について,ストレージ使用量の統計分布に基づく予測について研究している.以前の統計分析に基づき,筆者らが所属する九州大学の電子メールシステムのクォータを,冪分布近似に基づく推定による値に変更した.今回,クォータに変更による,各利用者のストレージ使用量の分布の変化と,システム全体でのストレージ使用量増加の傾向の変化を報告する.また,筆者らが提案した統計分析による予測が適切かどうかも検証する.
Information systems such as email service are fundamental infrastructure to support organization activity. For the department maintaining intra-institutional information systems, it is important to estimate system resource consumption throughout the lifetime of each system. For example, to prepare a storage system with appropriate capacity, it is necessary to grasp the long-term trend of storage consumption by users. Users’ storage usage pattern tends to exhibit a long-tailed distribution in many information systems. We proposed an optimal quota value estimation based on approximated storage usage distribution by power-law distribution. Based on the estimation, we changed quota of the email system in Kyushu University. In this research, we evaluate the effect of increasing quota, and analyzed the change of users' storage usage distribution and usage trend of entire system. We also validate that our estimation method of quota and total storage consumption using power-law distribution is suitable for real email system.
本文を読む

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1560622/IPSJ-IOTS2015-Quota.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報