紀要論文 カバノアナタケ(Inonotus obliquus)の生育特性および培地添加物と子実体多糖類の相関
Characteristics of mycelial growth and fruit body-polysaccharide of Inonotus obliquus on various substrates

多良, 勇太  ,  大賀, 祥治

96pp.16 - 19 , 2015-03-30 , 九州大学農学部附属演習林
ISSN:0453-0284
NII書誌ID(NCID):AN00055178
内容記述
カバノアナタケの菌糸生長に対する培養条件を検討し,子実体を誘起した。さらに子実体の機能性成分として知られる多糖類の含有量と培地添加物の相関を検討した。生育特性を検討した結果,温度は30℃,pHは7,炭素源はグルコース,フルクトース,マンノース,マルトース,窒素源はイーストエキス,モルトエキス,ペプトンで菌糸の生長が良好であった。次いで,米ヌカまたはコーンパウダーを加えた木粉培地で子実体の形成を検討した。その結果,米ヌカ培地で発生した子実体中に多糖類が多く含有されることが明らかになった。
The effect of cultural conditions on mycelial growth and fruit body-polysaccharide of Inonotus obliquus was studied. The optimum condition of mycelial growth was 30℃ and pH 7 on the PDA medium. Mannose, maltose, fructose and glucose were beneficial carbon sources for mycelial growth. Peptone, malt extract and yeast extract were favorable nitrogen sources. Formation of fruit body was success on sawdust substrate supplemented with rice bran or corn powder. Polysaccharide was formed well in fruit body grown on the rice bran media.
本文を読む

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1508416/p016.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報